伊予の銘石「大島石」の特徴、産地・丁場、加工工程などをご紹介します。

大島石とは?
大島石の産地・丁場
大島石の加工工程
大島石事例集
大島石取扱店
各種お問い合せ案内
大島石とは?
大島石とは?
大島石は青磁の輝き
大島石の歴史
大島石の特徴
大島石を熱く語る
お客様の声
動画のご紹介
大島石を動画でご紹介

「伊予の銘石 大島石」を説明した動画(9分51秒)がご覧になれます。以下のボタンをクリックして下さい。

56kでご覧の方 256kでご覧の方
大島石の歴史

1583年(天正11年)、豊臣秀吉の命により築城された大阪城と、藤堂高虎の命により築城された今治城の築城に参加した、今治出身の石屋治右ヱ門。

彼には、今治城築城後、築城の機密事情を封じる目的の為、藩主より処刑命令がだされました。
その難を何とか逃れた治右ヱ門は、大島に辿り着きます。

そこで、良質の花崗岩層が埋もれているのを知り、自らの技術を生かして切り出したのが、大島石のルーツだと言われています。

しかし、確たる資料は残っておらず、その真実は未だ謎に包まれた部分が残っています。

大島石の採掘が本格的に始まったのは明治初期といわれていますが、当時の石切現場からの切り出し作業は、危険を伴うたいへんな重労働でした。しかし、昭和30年以降墓石用に需要が急増したのに伴って、搬出用、機械や採掘用の削岩機、ジェットバーナー(切削機)などの設備が導入され、生産は大きく増加しました。

石材の最高級とされる大島石は、「かたい」「風化に強い」「変色しにくい」「水をふくみにくい」という特性から、古くは石塔や宝篋印塔に、近代にはいっては、国会議事堂・赤坂離宮・大阪心斎橋・愛媛県庁舎など、建造物にも用いられています。

気品ある美しさ
昭和30年頃まで石切り作業といえば矢や石頭(せっとう)などの道具を用いた作業でした。
「石切り唄」と呼ばれる歌声に合わせて、玄翁で石に矢を打ち込む作業は続けられたのです。
昔の石切り道
気品ある美しさ
「マタキ」と呼ばれたこの台車は、石切り場から切り出した石を運搬する道具でした。
何トンという重さの大きな石を山から運び出す作業は、常に危険を伴う過酷な労働でした。
石の運搬に使用さてた道具
気品ある美しさ
大島みかげ産地で採石発送
新三菱重工KK発注で北海道の王子製紙苫小牧工場に納入された”製紙用”の大ローラ用石材が愛媛県越智郡宮窪町余所国(大島みかげの産地)で採掘、発送され業界の話題になった。
この石材は同所の菅原常一石材丁場(山主、同郡伯方町木浦医師森田宇佐衛門氏)より採掘されたもので、重量約三十トン、長さ十二メートル直径一メートル四〇という超大型である。
標準型の墓石にすれば百墓以上は十分とれる石材。
価格も高く約三百万円で、搬出にも採石場から海岸まで一キロメートルの山道を直径四センチのワイヤーで二十人の人夫を使い約二週間を要したそうだ。(搬出請負金額三百万円)
大きいことで有名な靖国神社の鳥居でも直径は一メートル二〇で、これよりも小さい。昨春、同所から出荷したローラーもせいぜい十五トンどまりで、大阪城築城用の大石出荷以来の記録だとの古老たちのウワサである。
日本一?大ローラ(昭和36年1月25日付日本石材工業新聞記事)
日本一?大ローラ(昭和36年1月25日付日本石材工業新聞記事)